トップ画面
日本医療情報学会
日本医療情報学会(JAMI)一般社団法人,日本医療情報学会,医療情報,医療,情報,学会,集会,研究会,シンポジウムお問い合わせ
Eメール
医療情報研究者や実務担当者の学術交流の場ですEnglish
第4回「医療情報基盤」連続セミナーを開催します。
「病院情報システムにおける画像情報と地域での画像連携」
日時:2016年1月25日18:30〜21:30
場所:日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館 第141教室
(掲載日:2015年12月21日)
「医療情報化基盤」連続セミナー

我が国では,院内に閉じた電子カルテシステムからEHR(Electronic Health Record)
システムへと,着実に医療情報化基盤の構築が進んでいます.EHRは診療データの
相互運用性を有するシステムであり,医療の質の向上に資するシステムであることが
求められます.急速に構築が進む臨床効果データベースや疾患レジストリにおいては,
診療データの相互運用性がカギとなっています.各地に広がる地域医療連携システム
においても,医療の質向上にどう役立つのかに焦点があたっており,病院内のデータの
標準化,相互運用性の推進が求められているところです.そこで日本医療情報学会では
「医療情報化基盤」連続セミナーを開催することとしました.病院現場からみた,喫緊の
課題を取り上げ,どう対応すべきかを解説して参ります.特に医療情報技師の皆様,
また病院,企業,行政機関等,ご関係者皆様のご参加をお待ちしております。

第4回「医療情報基盤」連続セミナーのテーマ、プログラムは以下のようです。

第4回 「病院情報システムにおける画像情報と地域での画像連携」
日 時 2016年1月25日(月)18:30 - 21:30
会 場 日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館 第141教室

第4回セミナーは,病院情報システムにおけるオーダから放射線領域までの流れ,
院外から得られた画像情報の取り扱いなど,画像情報をテーマに,以下のような
プログラムで開催いたします。

1.院内および地域の画像情報連携に必要な標準 - DICOMとIHE-PDI    (55分)
    旭川医科大学 谷川 琢海 先生
2.放射線領域の標準マスタJJ1017実装の勘所              (55分)
    東北大学病院 坂本 博 先生
3.外部からの画像と関連情報をどこに格納しますか?
  - SS-MIX拡張ストレージの使い方                  (60分)
    浜松医科大学 木村通男 先生

なお、「医療情報基盤」連続セミナーは下記のような要領で行っております。

              記

日本医療情報学会「医療情報化基盤」連続セミナー
 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)共催

1. 開催回数
 第1回目から第4回目まで,2015年10月〜 2016年1月の間に
 毎月1回,開催致します.

2. 参加費(各回とも):
 会 員: 無料
 非会員: 3,000円(消費税込み)

3. 申し込み方法:学会トップページから

4. 医療情報技師更新ポイント: 3ポイント

詳細については,日本医療情報学会のサイトよりご確認ください。
また,一部に変更が生じる場合もありますこと,あらかじめご了承願います.

プログラムは以下ですここからpdf版資料を取得出来ます)。
------------------------
「医療情報化基盤」連続セミナー
第1回 「病院情報システム・電子カルテシステムと医療情報標準」
日 時 2015年10月26日(月) 18:30ー21:30(終了しました。)
会 場 日本大学理工学部駿河台キャンパス 1号館 4階 141教室

1. 診療情報の活用・臨床データベース/レジストリー構築の急展開
   岡田美保子 (川崎医療福祉大学)
2. 診療情報標準化のいま -医療現場の視点から
   豊田 建  (株式会社HCI)
3. 病院情報システムでISO 27931 (HL7 V2)はどこでどのように使われているのか
   星本 弘之  (筑波大学附属病院医療情報部)

-------------------------
「医療情報化基盤」連続セミナー
第2回 「病院現場における標準化の喫緊の課題」
日 時 2015年11月25日(水) 18:30−21:30(終了しました。)
会 場 日本大学理工学部駿河台キャンパス 1号館 3階 131教室

1. 病院現場における標準化の喫緊の課題
- 多施設間の情報統合・解析時代がすでに始まった!
    中島 直樹  (九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター )
2. 医薬品に関する情報の標準化 - 医療施設では何をどうすればよい?
    土屋 文人  (一般社団法人日本病院薬剤師会)
3. 臨床検査データの情報化 - 医療施設では何をどうすればよい?
    康 東天  (九州大学医学研究院臨床検査医学分野)

-------------------------
「医療情報化基盤」連続セミナー
第3回 「我が国の診療情報標準化基盤」
日 時 2015年12月19日(土) 14:00 −17:00(終了しました。)
会 場 日本大学理工学部駿河台キャンパス 1号館 3階 133,134教室

1. 診療情報関係の主な国際規格 - それぞれの位置づけと実際
  ISO 27931 (HL7 V2)、ISO 27932 (HL7 CDA R2)、ISO 10781
   (HL7 EHR-S Functional Model R2)、ISO 13606 Part 1〜Part 5
   稲岡 則子   (日本医療情報学会国際委員会幹事)
2. 電子カルテシステムと臨床研究・臨床試験 - SS-MIX2、CDISC
   竹之内 喜代輝  (公益法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター、
             CDISC Board of Directors)
3. 医療現場とCDA R2 - 診療ドキュメント交換、診療情報提供書、サマリ
   平井 正明   (日本光電)
4. 我が国の診療情報標準化基盤 - 臨床的・技術的・社会的・倫理的観点から
   山本 隆一(東京大学大学院/一般財団法人医療情報システム開発センター)

-------------------------
「医療情報化基盤」連続セミナー
第4回 「病院情報システムにおける画像情報と地域での画像連携」
日 時 2016年1月25日(月)18:30 - 21:30
会 場 日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館 第141教室

第4回セミナーは,病院情報システムにおけるオーダから放射線領域までの流れ,
院外から得られた画像情報の取り扱いなど,画像情報をテーマに,以下のような
プログラムで開催いたします。

1.院内および地域の画像情報連携に必要な標準 - DICOMとIHE-PDI    (55分)
    旭川医科大学 谷川 琢海 先生
2.放射線領域の標準マスタJJ1017実装の勘所              (55分)
    東北大学病院 坂本 博 先生
3.外部からの画像と関連情報をどこに格納しますか?
  - SS-MIX拡張ストレージの使い方                  (60分)
    浜松医科大学 木村通男 先生

(以上)



TOP
トップ画面
会員専用(マイページ)
日本医療情報学会とは
日本医療情報学会について
入会のご案内
退会と登録内容変更のご案内
医学・医療関係者の皆様へ
学術大会・行事等
「医療情報学」・論文集・資料等
日本医療情報学会賞
医療情報技師育成事業
看護部会のご案内
医療情報の標準化
個人情報に関する基本方針
事務局所在地
関連リンク集
サイトマップ