第5回学術論文賞(2022年度)
最優秀学術論文賞
  • EHR2CCAS: A framework for mapping EHR to disease knowledge presenting causal chain of disorders - chronic kidney disease example
    MA XIAOJUN(東京大学大学院)、今井 健(同)、篠原恵美子(同)、笠井暁史(同)、加藤浩介(東京大学医学部附属病院)、香川璃奈(筑波大学)、大江和彦(東京大学大学院).Journal of Biomedical Informatics. 115 (2021) 103692.

学術論文賞
  • A clinical specific BERT developed using a huge Japanese clinical text corpus
    河添悦昌(東京大学大学院)、柴田大作(同)、篠原恵美子(同)、荒牧英治(奈良先端科学技術大学院大学)、大江和彦(東京大学大学院).PLoS One. 2021 Nov 9;16(11):e0259763.

  • Extracting clinical terms from radiology reports with deep learning
    杉本賢人(大阪大学大学院)、武田理宏(同)、呉鍾勲(情報通信研究機構)、和田聖哉(大阪大学大学院)、小西正三(同)、山畑飛鳥(同)、真鍋史朗(同)、富山憲幸(同)、松永 隆(大阪国際がんセンター)、中西克之(同)、松村泰志(大阪大学大学院).Journal of Biomedical Informatics. 116 (2021) 103729.

<< 過去の学術論文賞