第23回医療情報基礎知識試験結果

【試験結果講評】

 第23回医療情報基礎知識検定試験は、令和2年11月8日(日)に全国18会場で実施し、577名の方に受検いただきました。今回の試験の問題数は80問で、1問を1点として採点しました。
 今回の試験では、問72の設問の記述が不十分であったため、正解が特定できないことが判明しました。そのため、問72は全員正解として採点しました。 また、問75は複数の正解があったため、複数の選択肢を正解として採点しました。
 一方、問80は、多くの受検者の方が不正解でした。この問題は、相関関係や説明変数、目的変数、独立変数、従属変数、相関係数r、決定係数R2 を正しく理解できているかを問う問題でした。Excel等のソフトウェアで容易に散布図を作成することができますが、 そこに表示される内容を正しく理解することは「情報の分析と評価(Ⅶ-2)」では大切ですから、是非とも「医療情報の基礎知識(改定第2版)」等で振り返りを行ってください。
 採点の結果、平均点は63.1点(78.9%)、最高点は79点(98.8%)、最低点は29点(36.3%)でした。 前回(第21回)の試験は、平均点が63.0点(78.8%)、最高点が79点(98.8%)、最低点が33点(41.3%)でしたので、前回と同程度の成績となりました。 医療情報技師育成部会では、80問中60問(正解率75%)以上を医療情報基礎知識検定試験の合格としております。 表1に示すように、今回の試験で合格された方は418名で、合格率は72.4%でした。

表1【受検者数と合格者数】

                   
年度回数受検者合格者数(割合)
(第7回までは推奨水準到達者数)
平均点(得点率)
2020年度 第23回 577名 418名(72.4%) 63.1点(78.9%)
第22回 新型コロナウイルス感染症の影響により中止
2019年度 第21回 523名 348名(66.5%) 63.0点(78.8%)
第20回 468名 350名(74.8%) 64.5点(80.6%)
2018年度 第19回 537名 415名(77.3%) 65.5点(81.9%)
第18回 457名 317名(69.4%) 62.7点(78.4%)
2017年度 第17回514名378名(73.5%)63.7点(79.6%)
第16回476名331名(69.5%)62.7点(78.4%)
2016年度第15回556名303名(54.5%)59.2点(74.0%)
第14回464名250名(53.9%)59.7点(74.6%)
2015年度第13回472名263名(55.7%)60.1点(75.1%)
第12回573名 333名(58.1%)60.5点(75.6%)
2014年度第11回468名295名(63.0%)60.8点(76.0%)
第10回 498名292名(58.6%)60.5点(75.6%)
2013年度第9回 433名224名(51.7%)59.2点(74.0%)
第8回 629名479名(76.2%)64.1点(80.2%)
2012年度 第7回444名237名(53.4%)58.9点(73.6%)
第6回614名316名(51.5%)59.0点(73.8%)
2011年度 第5回407名164名(40.3%)56.8点(71.0%)
第4回685名393名(57.4%)60.1点(75.1%)
2010年度 第3回438名231名(52.7%)59.5点(74.4%)
第2回802名346名(43.1%)56.6点(70.8%)
2009年度 第1回654名470名(71.9%)63.2点(79.0%)
11,112名6,735名(60.6%)61.0点(76.2%)
 今回の試験を受検された方全員に、総合成績と分野別の成績を記載した成績証明書をお送りし、合格された方には「合格証」を同封いたします。合格されなかった方は、さらに学習を重ねていただき、再度挑戦していただければと考えております。
 医療情報基礎知識検定試験には更新制度はありませんが、日進月歩の医療現場における情報通信技術、医療(病院)情報システムなどに関する知識は、常に最新のものにしておく必要があります。機会があれば、この試験を再度受検いただき、医療情報の基礎知識の確認をしていただければと思います。また、今後、医療情報技師や上級医療情報技師を目指される方は、さらなる研鑽を積んでいただき、それらの能力検定試験に挑戦していただければと思います。

◇◆◇ 合格者一覧はこちらからご覧下さい。 ◇◆◇

今回の正解はこちらからダウンロードできます。



ページ
TOP